チーコの「ねころんdeアート」体験記〜第6話〜


こんにちはヤマダチーコです❗❗

クリスマスシーズンももう直ぐ終わりですが、

またまた🎄🎅に参加してきました❗❗

今回は、来年開催ひなまつりアート🐥の撮影でも参考になる 撮影時のアドバイスのお話です(≧∇≦o)

前回()は『ジングルベル2018』に参加したお話を書きましたが、 もこもこトナカイの衣装を着る『カラフルポップホーリーナイト』も どうしても撮りたかったので行ってきました❗❗

あのアートも撮りたい (人 ̄▽ ̄)💖

このアートも撮りたい 💖 ( ̄▽ ̄人)

と考えるママさんは多いと思います

・・・が、

例えば、 10:00~クリスマス、 10:30~お正月

の撮影を予約したとしましょう。

最初のクリスマスアートでご機嫌が悪かった場合、

次のお正月アートもそのままご機嫌が悪いままの撮影になってしまうこともあると思います。

連続撮影すると正直、赤ちゃんは疲れてしまいます…ヾ(>﹏<)ノ゙✧*。

赤ちゃんのことを考えると、 別日別会場や、午前午後とかにすると 失敗しにくいかもしれませんね(^∀^.:*☆

開催会場はこちらのページから確認できますよ!

ここから撮影の流れについてアドバイスです。

①お着替えが終わったら、 少し赤ちゃんと一緒に遊んで 場所や雰囲気に慣れさせておきましょう。

②アートに置いたら、 まず急に離れずおもちゃなどで遊びながらリラックスさせて 近くから撮り始めましょう

少~しずつ離れながら撮影していきましょう。 ご機嫌が良かったら 色々ポーズをとらせてみたりヽ(゚ー゚*ヽ)ヽ(*゚ー゚*)ノ(ノ*゚ー゚)ノ

最後にアート全体を撮影

前回()にも言いましたが、 アート全体を写した写真ばかりではなく、

こどもに『ズームアップ』した写真など

いろんなバリエーションで撮ったほうが

あとで見ると楽しいです

まぁこれが全員に当てはまるわけではないんですけど (^▽^;)

1歳過ぎたら、いうこと聞いてくれないのが基本なので

うちの息子みたいに嫌がってどっか行っちゃう子もいます ( ̄▽ ̄; )

でも、基本的に「ママが楽しんでいること」って大事だと思います。

ママがあまりに真剣に撮影に集中していると、それを見たお子様がひょっとしたら不安になって泣いちゃうかもしれません。ママが笑顔ならお子様も喜びます。

一緒にコミュニケーションを取りながら、楽しんで撮影するのが一番良い方法だと思います!

まぁでも、そんな嫌がってる姿でも、 かわいい衣装を着て、かわいい背景にいる 我が子の撮影を楽しんでますけどねー(*˘︶˘*).。.:* 写真館とかでプロのカメラマンが撮ってくれるのとは違う、 ♥ママカメラマン♥が撮った写真は本当に思い出になりますよー

いかがでしたか?

今年の連載はこれで終わりです。

また来年もよろしくおねがいします!

「ねころんdeアート」のご予約はこちらからどうぞ💖

https://www.studiob-kids.info/schedule

ヤマダチーコ

@koharupiyori22

ねころんdeアート事務局 Tel.0120-2525-63

Mail.info@o-st.com

*公式サイト *Instagram *Twitter *Facebook *予約受付専用ページ


643回の閲覧

お問合せ

「ねころんdeアート」は事前予約優先です。参加をご希望の方は、現在予約中の開催場所をチェックし、事前にご予約下さい。​ご不明点がございましたら「お問い合わせ」ボタンにてお問い合わせ下さい。

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

◆大切なお知らせ◆ホームページに掲載のお写真は、皆様に弊社のサービスをご理解頂くため、お客様の許可を得て掲載させていただいております。お写真は全てお客様の大切な情報となります。引用・転載・複製など、弊社の許可無く無断でのご利用は固くお断りさせて頂きます。弊社では個人情報保護活動に取り組ませていただいております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。個人情報に関する詳細はこちら

Copyright(c) 2020 O'ST All Rights Reserved.